▼ MENU

ホーム>テアシスプログラムとは

テアシスプログラムの説明

テアシスプログラムの考え方



ゆがむ(体が捻れ、傾く)行動をマイナス、左右対称に近づく行動をプラスと表現します。当たり前ですが、マイナスを減らしてプラスの事ばっかりをすればいいのです。

しかし、世の中で歪みを直すという表現の治療や道具は沢山あり、それがプラスとみなさん思うかもしれませんが、実は違うのです。その結果としていい事をしてるつもりでどんどんゆがんでしまう方が非常に多いです。

テアシスプログラムでは、まずは何がマイナスで何がプラスかを徹底して理解してもらい、第一段階として、治療でプラスの方向に進め、次の治療までの間は徹底的にマイナスの事をやめて頂きます。

患者さんで多い失敗例はプラスの事を沢山やってきたつもりが逆に体を壊しています。その癖が抜けずに何かを求めてしまいます。しかし、必ず体は余計にゆがみます。マイナスの事をやり続けてプラスの事をしても前には進みません。


治療中は徹底的にマイナスを減らす


人間の体はマイナスの事をすれば必ずゆがみますし、プラスの事をすれば必ず左右対称に近づきます。せっかく治療をして体にプラスを入れても、それ以外でマイナスを入れると、からだは余計にひどくなります。そのため、治療をしても、好き勝手していては絶対に治りません。テアシスの治療計画は以下になります。


第一段階 治療→マイナスを徹底的に減らす。

第二段階 治療→自分で自分の体を直す事ができる自己覚醒法を覚えて頂きます。

第三段階 治療→前回の自己覚醒法がきちんとできているか確認。

第三段階まで治療できた頃には痛みや不調はかなり和らいでおり、自己覚醒法を続ける事で頑丈な体になっているでしょう

治療をがんばって少しでも良い状態で次に来て頂く事で最短の治療ができます。
例えば、ダイエットをして良いスポーツトレーナーを付けて厳しいトレーニングをがんばっても、食べたら太ります。これと同じです。
体は正直です。少しでも早く改善できるように先生もあなたも全力で頑張る事で必ず良い結果を得る事ができます。


問い合わせ
テアシス堺鳳自己紹介テアシス堺鳳自己紹介TEASHIS堺鳳 自己紹介腰痛治療 テアシス堺鳳 院長の資格柔道整復師堺市の腰痛治療テアシス堺鳳院長の灸師の資格堺市の腰痛治療テアシス堺鳳院長の鍼師の資格

アクセス

テアシス(TEASHIS)堺鳳
〒593-8326
大阪府堺市西区鳳西町1-75-1

電話:072-265-1911
営業時間 9:00〜13:00
     16:00〜20:00
定休日  日曜・祝日・土曜午後
     その他勉強会のある曜日
鳳駅徒歩8分
当院向かいの駐車場に2台あり 20番と25番