▼ MENU

ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

脊柱管狭窄症では、腰痛や坐骨神経痛、痛みの他にしびれなどが症状として出てきます。ひどい時には間欠性跛行という、少し歩くと痛みで歩けなくなり、体を丸くして休憩するとまた少し動く事ができるという脊柱管狭窄症特有の症状が現れます。原因として、脊柱管内の神

脊柱管狭窄症とは、背骨の中を通る脊柱管と呼ばれる管がさまざまな要因により圧迫され、狭くなることによって起こる病気です。 症状はどの部位で圧迫が起こっているかで異なりますが、最も多い腰椎部分での圧迫の場合は初期症状として、腰の周りが重く感じ

座骨神経痛は聞きなれない方も多いはずです。腰を中心に太ももあたりまでが痺れる腰痛のことを指します。当然、歩行が困難に陥りますし、日常生活や仕事にも支障は出てくるものです。座骨神経痛を放置しておくと椎間板ヘルニア等の症状を引き起こすこともありえます。

堺市のテアシス堺鳳では痛みを我慢する整体ではなく、テアシスプログラムという、どこにいっても治らない、体に痛みのある人の悩みを取り除く施術を行っています。   整形に行けば待ち時間が長くレントゲンを撮って湿布を処方されて終わったという方もいる

おはようございます。テアシス堺鳳は明日から少し遅めのお盆休みを頂きます。休みの期間は16日から18日まで頂戴します。   長い期間の休み中に体を壊す事が多いです。これにはいくつか要因がありますが、この時期ならではのゆがみに良くないのがエアコ


アーカイブ

2018

最新記事

テアシス堺鳳

営業案内

営業時間の案内などを曜日別に詳しく記載


月:9:00〜13:00/16:00〜20:00

 

火:9:00〜13:00/16:00〜20:00


水:9:00〜13:00/16:00〜20:00


木:9:00〜13:00/16:00〜20:00


金:9:00〜13:00/16:00〜20:00


土:9:00〜14:00/お休み


日:お休み


電話番号

072−265−1911

所在地

〒593-8326

 

大阪府堺市西区鳳西町1−75−1

堺市の整体とは違う腰痛治療テアシス堺鳳アクセス地図