脊柱管狭窄症の原因と対策

脊柱管狭窄症ってどんな状態??

脊柱管狭窄症とは、背骨の中を通る脊柱管と呼ばれる管がさまざまな要因により圧迫され、狭くなることによって起こる病気です。

脊柱管狭窄症とは
脊柱管狭窄症のイラスト

脊柱管狭窄症はどんな症状?

症状はどの部位で圧迫が起こっているかで異なりますが、最も多い腰椎部分での圧迫の場合は初期症状として、腰の周りが重く感じる、腰痛、張り感、違和感などが現れてきます。そして、圧迫がより強くなってくるとそれらの症状に加えて、足や腰のしびれ、歩行時の痛み、足の感覚異常などが起こるようになり、歩行や運動に支障が出てきます。

また、腰椎周辺の臓器や器官にも影響を及ぼすこともあり、歩行中に尿意を発するようになる排尿障害や便秘症状、女性においては会陰部に違和感を感じるなど、日常生活にも不便を感じる症状が出現することもあります。

脊柱管狭窄症の原因は??

脊柱管狭窄症の原因とは

脊柱管狭窄症の原因としては、もともと脊柱管が狭い先天性のもの、変形性脊椎症による椎体・椎弓の変形、変性すべり症、椎間板の膨隆などが挙げられますが、先天性のものを除いては、そのほとんどが加齢や労働により生じるものです。重いものを運ぶなどの腰に負担の掛かる仕事や長時間の運転、運動などにより腰を痛めたことのある人が年齢を重ねて発症することが多く、症状も急激に進行することがあります。

脊柱管狭窄症の一般的な治療法

一般的な病院の場合、腰部脊柱管狭窄症と診断されたら、まずは保存的治療(手術をせずに受ける治療)を受けることになるでしょう。それでも症状の改善が思わしくない場合は、手術を検討するのが一般的です。

保存的治療は、ウォーキングを中心とした適度な運動、血流改善薬・鎮痛剤・ビタミン剤など内服薬の服用、血流改善薬の点滴、局所麻酔薬・ステロイドなどのブロック注射です。

脊柱管狭窄症で悩んでいた方の動画をご覧ください。

まずは論より証拠。こちら堺市西区在住の福田様です。脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症、腰椎ヘルニアを患ってしまい痛みを緩和するために脊髄刺激装置という機械を背骨に埋める手術をされました。

それでも痛みは取れることなく鍼灸院等に通いましたが痛みの芯が取れることはなかったそうです。堺市で整体を探していたところ当院とご縁があり施術させて頂きました。そして施術をした結果痛みの芯が無くなったと言っていただけました。

事実、当院には脊柱管狭窄症と診断された方が多く来院されますが、ゆがみをなおす事により、改善されるケースが多々あります。脊柱管狭窄症になっている方は、歪みの度合いがきつい傾向にあります。その為、普通の腰痛より歪みが直るまで時間がかかるケースが多いです。

その他口コミ等でも評価を頂いております。

口コミを多数いただく整体
口コミ評価を多数いただいております。

何をしたの??

体の歪みをなおしただけです。

脊柱管狭窄症はレントゲンの所見で確かに脊柱管が狭くなっているのが確認できますが、実は体の歪みによっても症状が現れる事が確認されています。脊椎は上下積み木のように重なるものですが、体が歪んでしまう事により、脊柱管の正しい並び方にズレが生じ、神経を圧迫するケースが多くあります。そのズレを元通りにした結果です。

体が歪むと症状がきつくなる

本当に体にとって良い刺激の施術で歪みはなおります。

脊柱管狭窄症の施術

脊柱管狭窄症の施術

テアシス堺鳳では脊柱管狭窄症のご相談を多数いただいている実績がございます。また堺市だけでなく堺市外より当整体院まで来院して頂いております。脊柱管狭窄症と診断された、または疑いのある方はできるだけ早くご相談ください。

堺市西区在住の福田様
堺市西区在住の福田様

福田様インタビューありがとうございました。

脊柱管狭窄症でお悩みの場合は一度お気軽にご相談ください。ラインアットなどでも受け付けております。

店舗紹介バナー

ラインバナー